小顔を手に入れるためには

顔の手入れ

原因別に対処法が異なる

近年、男女ともに小さな顔にあこがれる人が増加しています。美容整形クリニックでは、このニーズに応えるために小顔整形術を実施しています。小顔整形術の特徴は、患者によって施術方法が異なることです。顔が大きく見える要因には、脂肪と筋肉の付き方と骨格が関わっています。そこで、患者一人一人の顔立ちを見極めて、最適な治療を選択します。顔回りに多くの脂肪がついている患者に対しては、吸引や溶解によってフェイスラインを引き締めます。筋肉の付き方で顔が大きく見える場合は、ボツリヌス菌の皮下注射を行います。ボツリヌス菌には、筋肉を麻痺させて小顔に見せる効果があります。そして、エラ張りなど骨格が原因の際は、骨を削る手術をします。

ダウンタイムを考慮します

小顔整形術には、多少のダウンタイムを要します。ダウンタイムとは、施術による腫れや赤みなどが沈静化するまでの期間です。よって、施術を受ける際には、自分の生活スケジュールや体調を考慮する必要があります。脂肪吸引と溶解注射、ボトックス注射を施した後は、注射針の跡が残ります。しかし、この注射はごく細い針を使用するゆえ、注射の跡や赤みは目立ちません。そのうえ、赤みや傷みは2日程度で解消します。エラを削る小顔整形術は、おおむね2週間から4週間のダウンタイムが発生します。しかし、口腔内からのアプローチによって手術をするため、外見の腫れはわかりにくい状態です。それでも腫れが気になる人は、マスクの着用や長期休暇などを利用して手術に挑む必要があります。